がん保険を選ぶときに押さえておきたいポイント

がん保険を選ぶときに押さえておきたいポイント

がん保険を選ぶときに押さえておきたいポイント 日本人の2人に1人がかかるのが、がんです。昔は不治の病でしたが、現在では重症でない限りどう治療して生きていくかがポイントとなっています。その治療費を助けるのががん保険になります。他の疾患では入院して手術したらあとは通院で治療を続けるものが多いです。現代の医療では入院は長期化しない傾向にあります。

しかし、がんはどうでしょう?キーワードは「再発」と「長期化」です。がんは転移や再発しやすいものです。さらに、手術はしなくても放射線治療を長いこと続けなくてはならないかもしれません。そこで押さえておきたいポイントがあります。まずは再発した時に給付金が出るかです。入院では給付金が出るけど通院では給付金が出ない、ということはないかという点に注意しておきましょう。がん保険に加入しているのに意外と給付金がおりなくて困った、ということにならないように気を付けておきましょう。

さらにがんの種類に悪性新生物と上皮内新生物の2種類があります。上皮内新生物はがんが上皮内にとどまっている状態で、簡単に治療できます。よって、この状態のがんだと給付金が出ない保険もあるので注意が必要です。

がん保険では、入院や通院日額いくらで給付金がおりるものもありますが、がんと診断された場合に一時金として給付金が出るものもあります。一時金は入院してもしなくても、手術の有無に関わらずお金をもらえるのでとても助かります。がんにかかって仕事ができなくなった保障にも使えます。自分ががんになった時に必要だと思うタイプの保険に加入しましょう。

最新記事